人と人との関係

営業の仕事は、人とのコミュニケーションできまる。

営業の転職をお考えの方であれば、一番重要なポイントとしてコミュニケーション能力です。前回の職種が営業の職種でなくても、コミュニケーションがしっかりととれておれば、十分生かせるポイントであります。これは、入社してからも一緒ですが、相手が何を求めているのかを常に考えることが必要でしょう。そして、その求めているポイントについてキチンと答えることができることが最大のコミュニケーションです。ただ単にしゃべるだけでは、なにもメリットになりません。そして、転職をお考えであれば、面接官が相手となり、お客様だと思えばいいです。そして、自分という商品を販売するということです。そうすれば、転職したい会社が求める人材に自分を充てることが重要です。

信頼や期待をもってもらえる

相手が何を望んでいるか考えるという思想は、面接時以外でも役に立ちます。勤務してから、営業の仕事は、社外だけでなく社内にも及びます。社外には、取引先からの要望や期待などを、うまく受け取り、それを具体化する仕事があるわけですが、営業は基本ものを販売する事だけで製造することができません。そこで、社内での制作を行うスタッフにおいてもコミュニケーションをとる必要があります。これを俗にいう社内営業です。こちらがスムーズにいけば、Aさんの案件だから、何とか協力しようということになり、自分の仕事もやりやすくなります。営業は一人でできるものではありません。多くの方の支えがあってうまくいく仕事です。営業職を転職希望されているのであればそちらも重要してください。